四方恭子
Kyoko Shikata
      
1993年リサイタル 1993年9月21日(火) ヴァイオリンリサイタル
◆ピアノ 梅村祐子
◆場所 宝塚ベガホール
◆プログラム
L.V.ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調Op.12-1
B.バルトーク/無伴奏ヴァイオリン・ソナタSz.117
C.フランク/ヴァイオリン・ソナタイ長調
S.S.プロコフィエフ/バレエ組曲「シンデレラ」より

この日はお客さんの入りが非常に良く、席が足りなくてなってしまうほどでしたので舞台にまで座席を作っていました。四方さんはケルン放送響のコンサートミストレスです。ヴァイオリンの音色は艶があって、いつも聴きにくく感じるバルトークも聴きやすく思えました。後半のプログラムのプロコフィエフの「シンデレラ」は大好きな曲の1つです。こちらも聴きやすくて素敵な演奏でした。